エイジングケアあるあるの話

かゆみがあって、皮膚をしつこく掻きつづけ

かゆみがあって、皮膚をしつこく掻きつづけたり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。肌の外側にあって外界に接している表皮はごく薄い層の集まりで、傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。表皮は皮膚のバリアという大切な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮までダメージが届いてしまいます。ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。

ベース化粧品は肌にその通りつけるように作られていますので、その効果ももちろん重要なのですが、良い素材が使われているかにも拘りたいものです。お肌にダメージを与えないためにも、使われている成分や原材料をよく確認して、化学合成入っていない製品、出来ることならオーガニック素材の製品を選ぶのが良いでしょう。



あとピーにかかっている人は、天然成分だけでできているようなスキンケアを使うことが望ましいです。あとピーは塩水によって治すことができるという説もあり、風呂桶のお湯に塩を入れたり、海でできるだけ海水浴をすると治癒する方向に向かうと言われていますね。

しかし、実際のところ、患部にはひっかいた傷がある事がほとんどで、塩水ではとてもしみてしまうのがネックです。



ニキビがひどくなった時には、洗顔石鹸を使用してのピーリングをしています。



ピーリングを始めてした時には、お肌が少しヒリッとしました。



そこで、何となく怖くなってしまってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリとした感じはきれいに消えて、キレイにニキビが改善できました。それ以来、ニキビが出るとピーリングを行うようにしています。

年齢を重ねていくと、気になってくるのがお肌のシミですよね。

とは言っても、同じシミでも形やできた部分がどこか、ということにより、いくつかの種類に分けることができ、シミに合った市販のお薬を捜してみたり、クリニックへ行くという対策もあります。

ただし、薬では完治できないシミもありますので、どうしてもシミが消えないといった時には、全く趣向を変えて、レーザー照射という解決方法も考えてみてちょうだい。



顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、お肌の汚れがとれて、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、注意しなければ、逆にお肌を傷つけてしまうこともあり得ます。精製度による違いが重曹にはあり、掃除とか洗濯用、食用、薬品用などがあるのです。洗顔に使用する場合、食品用でも粒子は荒いですから、力を入れて洗わないよう気を付けてちょうだい。洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、しっかりとお肌を潤いで満たすようにします。



肌は肝臓の窓だと言えます。たくさんの血管が肝臓には集まっており、血液を通して体内で産生された物質を代謝や分解して、人体にとって無害な物質に変えていくのです。肝臓のはたらきが阻害されると、有害物質が血液中に増えていき、肌の調子を乱していくのです。肝臓を健康に保つことが、お肌の健康美を高めるために欠かせない要素です。ほっぺたの毛穴の開きが歳をとるにつれて悪化してきたように思います。
たとえば、前から顔を見ると、毛穴の開きが目たつようになってしまったのです。この毛穴を消したい、出来るだけ小さくしたいと思って、日々のスキンケアに気合が入っています。肌をひきしめる効果をもつ収斂化粧水で、パッティングをするのですが、少し引き締まってきたように感じられます。


R30って20代前半とくらべると若くないし、多忙だしで、なんだか損ですよね。どうせ遊びに行かないしとスキンケアの手抜きが慢性化していたら、電車の窓に写った自分の顔に強烈なダメージを受けました。


ずっと俯いていたせいかも知れませんがハリがなくたるんでいて、徹夜ですかと聴かれそうなくらいでした。CMとかでこういうのってあると知っていましたけど、ショックでした。

そこで発想転換することにしたんです。
スキンケアの時間や費用って、純粋に自分のためのものです。
スキンケアは大切なことですから省いてはいけない、自分だからこそできるケアなんです。
ハリを取り戻すための手間は惜しみなくかけていこうと思うようになりました。最近ですが、徹夜の日々を送ったらニキビをみつけました。



私はよくニキビができる体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)なので、少し肌に負担を掛けただけでもブツブツ顔になるのです。どんなに忙しかろうとも、少しでも早く寝て十分に休むように努めています。
睡眠時間足りなくなることがニキビを創り出す原因だと思います。

Copyright (C) 2014 エイジングケアあるあるの話 All Rights Reserved.